イメージ画像

Alinghi最後の仔ディープインパクト産駒Reachingがデビュー予定

11月2日のオーストラリアでは、
ディープインパクト産駒のFierce Impact(フィアスインパクト)
GⅠ連勝を目指してケネディカンタラ(芝1600)に出走予定ですが、
同日ニューカッスル競馬場では3歳牝のReaching(リーチング)
デビュー予定(未勝利戦・芝1200)です。

※”予定”と書いたのは豪州はスクラッチ(回避)が
とにかく多いため。

母はAlinghi(アリンギ・父Encosta De Lago)。
短距離を中心にGⅠ4勝・重賞9勝し、
2005年シーズンのオーストラリア最優秀3歳牝馬に
選出された名牝です。

2015年に輸入されディープインパクトと配合。
種付後オーストラリアに帰国しReachingを出産。
しかし、翌年Not A Single Doubtとの仔を出産中に
合併症を伴い母仔ともに死亡(16歳)。

ですので、ReachingAlinghi最後の産駒となります。
そういう背景を考えるとReachingという馬名(オーナーは同じ)に、
なにか特別な感覚を覚えないこともないですが、
半兄・姉がRedoute’s Choiceをつけようか、
スニッツェルをつけようが全然走らなく、
良く言われる”名牝の仔に名馬無し”状態。

日本のスーパーサイアーに一縷の望みをかけたAlinghiの仔は、
はたして、その期待に応えることが出来るか注目です。

ちなみにデビュー前のトライアルは、
2戦とも2着と悪くない内容のようなので、
なんとか亡き母やその周りの期待に応えてほしいと切に願う。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ