イメージ画像

Dame Malliot(デイムマリオット)重賞初挑戦の試金石

18日、ドーヴィル競馬場(仏)でポモネ賞(GⅡ・芝2500・牝)が行われます。

当日には2歳GⅠモルニ賞と牝GⅠジャンロマネ賞が行われ、
英・愛からも有力馬・騎手が集まってきています。

その2つのGⅠも注目ですが、
個人的に注目すべきはGⅡのポモネ賞

先日リステッド戦を勝利した、
ディープインパクト産駒Love So Deep(ラブソーディープ・牝3)
イギリスから遠征してきているので頑張ってほしいですが、
注目しているのはDame Malliot(デイムマリオット・牝3)

以前記事にしましたが、
Love So Deepが出走した2走前アフロディテS(4着)で、
直線最後方からゴボウ抜きした馬です。

同レースの何が凄かったって、
同馬はこれがデビューから3戦目にして初芝だったこと。

アフロディテSとLove So Deepが勝利した前走チャリスSは
同コース・同距離なのですが、
馬場はアフロディテSの方が速かったとはいえ、
勝ちタイムはアフロディテSが2.27.52でチャリスSが2.31.76。

Dame Malliotがかなりのパフォーマンスを見せた事になります。

前2走続けてスタートで大きく寄れる癖があるのと、
直線での追い込み競馬など含めて、
フランス競馬に対応できるのかなど、
今回がDame Malliotの試金石になるレースとなります。

もし、前回同様かそれ以上のパフォーマンスを見せるとなると、
次世代のヒロインとなることは間違いないでしょう。

今回、前走のH.ドイル騎手からL.デットーリ騎手に乗り替わり。
馬主はデットーリ騎手大好きオッペンハイマー氏なので、
デットーリ騎手のGⅠ騎乗に合わせた遠征なのではないかなと。
もしかしたら、エネイブルの次の主戦馬になるか?

Love So Deepともども楽しみです。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ